姫路市商工会 バーチャル展示会2021

補助金申請 サポートで資金調達を支援
SHARES
SHARES
SHARES
  サポートのご案内
補助金申請サポート
主に3つの補助金の申請のサポートをしております。
①小規模事業者持続化補助金
②ものづくり補助金
③IT導入補助金

今回4つ目として新しく「事業再構築補助金(仮称)」のサポートも行います。こちらの補助金は国会の閣議決定がまだですので、内容が変更となる場合がございます。
対  象
新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等を目指す、以下の要件をすべて満たす企業・団体等の新たな挑戦を支援します。
1.申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等。
2.自社の強みや経営資源(ヒト・モノ等)を活かしつつ、経産省が示す「事業再構築指針」に沿った事業計画を認定支援機関などと策定した中小企業等。
補助金額・補助率
中小企業(通常枠)
補助金額 100万円~6,000万円以下
補助率  2/3
  事業再構築
事業再構築とは
(小売業の場合)
小売店舗による衣服販売業を営んでいたところ、コロナの影響で売上が減少したことを契機に店舗を縮小、ネット販売事業やサブスクリプションモデルに業態転換。

(飲食業の場合)
売上が激減した飲食店が客席や厨房等の設備を縮小して経費を節減。その一方で、オンライン上で注文を受付できるサービスを導入。宅配や持ち帰りにも対応。

(宿泊業の場合)
宿泊客数が激減し、ホテルの稼働率が低下している中、テレワークの拡大を受けて、客室をテレワークルームやコワーキングスペースに改造し不動産賃貸業に業種転換。

(製造業の場合)
金属表面処理技術を活かし、銀の抗菌被膜を形成する抗ウイルス製剤の製造に着手。生産ラインを新規に立ち上げて主力事業化。
事業再構築補助金のポイントは、業態転換、
ビジネスモデル・収益モデルの再構築
申請に関するポイントは、
①早期に着手する。
②ビジネスモデルの転換について、実現可能性があるかを検討する。
③ビジネスモデルの転換について、認定支援機関から助言を得る。
  コワーキングスペースSHARESとは
主に、クラウドファンディングや補助金申請による資金調達支援を実施
シェアーズでは創業者の広報支援、ビジネスマッチングを行っています。
誰でも創業当初は不安でいっぱいです。創業者が集まり、不安を解消し、交流を広げ、お互いが支え合いながら共に成長、ビジネスができる場所です。
また、セミナーやワークショップも行っております。
皆さんも講師をやってみませんか?集客はお手伝いいたします。
コワーキングスペースSHARESとは
お問合せ先
コワーキングスペースSHARES
〒670-0922 兵庫県姫路市二階町18番地 ANGERO二階町2F・3F
TEL.090-4644-8219
コワーキングスペースSHARESのHPはこちら
会社概要
社名 コワーキングスペース SHARES
代表取締役 國光 洋志 
業務内容 創業者の広報支援、ビジネスマッチング セミナー、ワークショップ、名刺、 ホームページ作成支援

ページトップ